ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

Voice/卒業生の声

QITOから実社会へ

2008年度卒業  新日鉄ソリューションズ株式会社(現 新日鉄住金ソリューションズ株式会社)へ就職

「QITO卒業生は一味違う」と思われるような活躍をすることが、今の私の目標です。

QITOコースでの思い出

QITOコースでは多くの事を学び、成長する事ができました。
ITに関する知識や技術はもちろんですが、最も大きな財産となっているものは、 「成長」に対する姿勢や考え方が変わったということです。
本コースでは多くの企業人、特にIT業界の最前線で活動している方々とお話しする機会が得られます。 それらの体験が私の考え方に大きく影響を与え、 「挑戦する事」や「自分の道を自分で切り開く事」の意義に気付く事が出来ました。
目の前の作業をこなすのではなく、「そこでどうやって成長するか」、 「成長した結果どうなりたいのか」を考えるようになりました。
また、先生方や関係団体からの期待もとても重く熱いものであり、 それらは私に多くの刺激とやる気を引き起こしてくれました。
まだまだそれらの期待に添えるような活躍はできていませんが、 これからより成長し、「QITO卒業生は一味違う」と思われるような活躍をすることが、 今の私の目標です。

これから入学を考えている方に一言

皆さんには、「社会にでるまでに、何を目標とするのか。そのために今何をするべきなのか。」 それらを考えられるようになってほしいです。
平たく言うと、自分なりのキャリアパスを描けるようになってほしいです。
そのために必要なことは多くの人と出会い、その考え方や姿勢に触れることだと私は考えています。
QITOコースではIT業界で活躍する多くの方と出会えます。
卒業生の中にも、そこで出会った方を目標として頑張っている人もいる程、素晴らしい方々ばかりでした。
また、カリキュラム策定にも積極的に参加することをお勧めします。
私はそこで、先生方の期待や教育とは何なのかについて多くの気づきや発見がありました。
学生の皆さんから情報や想いを発信して、より良いQITOコースにしていってほしいです。
ここでの経験は必ず将来の皆さんの糧になることでしょう。
皆さんの成長に期待しています。ご縁があれば会いましょう。

  • Hirokazu Yamashita/
  • 山下大和

経歴

  • 2003年 九州大学 電気情報工学科 電気工学専攻入学
  • 2007年 九州大学大学院システム情報科学府 情報知能工学専攻 社会情報システム工学コース 入学
  • 2009年 新日鉄ソリューションズ株式会社(現 新日鉄住金ソリューションズ株式会社) 入社

主な受賞歴

  • 第一回合同フォーラム 学生PBL発表会 最優秀賞

本文の終わりです