ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

Voice/卒業生の声

QITOから実社会へ

2009年度卒業  株式会社いい生活へ就職

今でもQITO卒業生同士で集まり、先輩、友人、後輩から良い刺激を受けています。

現在行っている仕事について

私は株式会社いい生活の2年目(2012年2月現在)で、現在は不動産会社向けの業務アプリケーション開発を行っています。

不動産会社と言っても、家を借りる際に行く程度で、特に気にかけることはあまりないかも知れませんが、ふと気に留めて見てみると駅の周りには2、3件ほどの不動産会社があったり、ビルの上には大きな看板で○○不動産などという文字を見かけたりします。意識しないほど周りにあると言うことですね。

このような不動産会社(といっても様々な業種はありますが)向けに、賃貸募集を行うためのシステムや物件や入居者を管理するシステムなどを開発しています。

ユーザがより使いやすいインターフェイスを考え、実装し、動くものを作るという一連の流れに携わっており、日々悪戦苦闘しながらもお客様である不動産会社に使って頂けるよう仕事を行っています。

これから入学を考えている方に一言

QITOコースのホームページや演習室の写真を見たことがある方はお気づきかも知れませんが、その多くの写真がテーブルを囲い4~6人程度のチームになって映っていると思います。

これらこそQITOの特徴をよく表しており、かつ、私がQITOコースへ入学した理由でもあります。

通常は学部や大学院の各人が研究テーマを持ち、研究発表や報告会などはありますが、基本的には個人で行っていくものです。

ところが、QITOコースでは数人でチームを組み、各テーマに取り組んでいくスタイルで、より私に向いていると考え入学を決めました。

入学後もチーム開発、インターン、社会人の講義など得るものは大きかったと思います。

QITOでの2年間はあっという間でしたが、今でも年に2回ほどQITO卒業生が集まり同窓会も行っており、同業他社で働く先輩、友人、後輩の話を聞くと毎回大変な刺激を受けています。

  • Yuki Itoyama/
  • 糸山 雄貴

経歴

  • 2004年 九州大学工学部電気情報工学科 入学
  • 2008年 九州大学大学院システム情報科学府 情報知能工学専攻 社会情報システム工学コース 入学
  • 2010 年 株式会社いい生活 入社

主な受賞歴

  • チャレンジ&クリエイション2009 採択

本文の終わりです