2013発展コース・スプリングスクール実施結果

活動中写真1

概要

開催目的:付加価値の高いCPSを構築できる人材の育成

  • 組込みシステム開発技術について俯瞰する
  • 組込みシステム開発の基礎をロボット制御システムの開発を通して学ぶ

※後援:情報処理学会組込みシステム研究会
10月に開催される組込みシステムシンポジウム・特別企画ESSロボットチャレンジ参加予定者のキックオフも兼ねる

日時
2013年4月27日(土) 〜 28日(日)
開催地
福岡:九州大学 伊都キャンパス ウエスト2号館5階506号室
東京:東海大学 高輪キャンパス 4号館2階4201教室
参加者数
17機関より、101名(東京86名、福岡15名)
11校より、受講生60名(修士1年13名、修士2年7名、学部生等40名)指導教員24名

1日目:4月27日(土)

  司会:小倉信彦(東京都市大学)
09:00-10:20 オリエンテーション 久住憲嗣(九州大学)
実践的な組込みシステム開発 渡辺晴美(東海大学)
開発対象の技術ドメイン構造概説 久保秋真((株)アフレル)
10:30-12:00 【基調講演】 組込みシステム開発技術概論 高田広章(名古屋大学)
13:00-14:40 課題説明 渡辺晴美(東海大学)
開発環境詳細説明 渡辺晴美・安倍昌輝・谷川郁太(東海大学)
14:50-15:50 モデル駆動開発体験 久住憲嗣(九州大学)
16:00-17:00 システム演習 三輪昌史(徳島大学)

基調講演

組込みシステム開発技術概論 高田広章(名古屋大学)

活動写真4

課題説明

  • Kobukiにペットボトルを乗せ、杭の外側を1周する。
  • ペットボトル及び杭を倒さないこと。
  • 他社(他グループ)に負けないように、なるべく
    早くスタートエリアまで戻ること。
  • 3回走行タイムを記録し、ベスト記録で争う。

課題説明図

教材

Kobuki教材画像

掃除ロボット風開発キット:Kobuki

最大速度:
70cm/s
最大角速度:
180度/s(ジャイロセンサの高精度範囲は110度/s以内)
可搬重量:
5kg(フローリング)、4kg(カーペット)
乗越段差:
5cm以内
下に潜る:
12cm以上
稼働時間:
3時間(標準バッテリ)、7時間(ラージバッテリ)
充電時間:
1.5時間(標準バッテリ)、2.6時間(ラージバッテリ)
充電ステーション:
充電ステーション前方2m×5m以内の範囲で自動充電行動

2日目:4月28日(日)

09:00-10:00 システム演習レビュー 三輪昌史(徳島大学)
応用開発 元木誠(関東学院大学)
10:30-12:00
13:00-15:00
実習
15:00-17:00 走行会・発表会・議論

発表会・課題

  • 走行会のタスクを達成するための行動ルールについて説明する。
  • その際、ステートマシンなどを用いて説明すること。
  • 1チームあたり10分(発表7分、質疑応答3分(予定))とする。
  • 走行の様子を撮影し、発表スライドに埋め込むこと。(走行タイムもスライドに記載すること。)
  • 大学院生が所属するチームは発表を必須とし、所属しないチームは任意とする。

活動写真6

九州大学 大学院システム情報科学府 情報知能工学専攻 社会情報システム工学コース

九州大学

九州大学事業事務局

九州大学 大学院システム情報科学府情報知能工学専攻 社会情報システム工学コース
QITO PEARLプロジェクト

〒819-0395 福岡市西区元岡744番地 ウエスト2号館 508号室

TEL
:092-802-3864
FAX
:092-802-3865
E-mail
info@pearl.ait.kyushu-u.ac.jp