ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

Outline/概要

目指す人材像

今や情報通信技術(ICT)は、金融・製造・行政・教育などあらゆる分野を支えるインフラ技術となっています。このような状況下、ICTに携わるエンジニアには、2つのタイプの能力が求められています。

1つは、コンピュータサイエンスの知識である「技術」そのものを高度化できる能力です。そして、もう1つは、ICT技術を駆使しユーザ分野のビジネスや業務を変革したり高度化できる能力です。

QITOでは、これら2つの能力、つまり、コンピュータサイエンスの高度な「技術力」とICTを社会で役立てるための高度な「発想力」とを、繋ぐことができるπ型技術者を育成することを目指します。

QITOでは粘り強く、研究意識の高い学生を求めています

本コースでは、PBL(Project Based Learning)にて、グループを組みプロジェクトを推進するなかで、技術力やコミュニケーション力などを修得します。また、企業講師によるオムニバス講義を通して、実践的な知識を修得します。そして、長期インターンシップを通して、大学での研究が実社会でどのようなポジションにあるかを確認すると共に、自分の総合力の腕試しをします。

つまり、本コースのカリキュラムや環境を積極的に活用すれば、他のコースでは体験できないことを体験でき、かつ、実践的な技術を習得することができます。

情報科学/情報工学を基礎として、情報通信技術(ICT:Information Communication Technology)に関する高い実践力の修得を目指す学生、ロボティクス、マルチメディア処理などの実世界情報処理および情報通信処理機構に関する先端技術の修得を目指す学生を求めており、粘り強く研究を進めていく意識の高い学生の入学を期待しています。

QITOでは粘り強く、研究意識の高い学生を求めています

Four Goal/ゴールと4つのサブゴール

QITOでは、次世代情報化社会を牽引するICTアーキテクト(π型技術者)育成をゴールとしています。
このゴールを達成するために、

  • ICTの新たな活用法を生み出す「価値創造力」
  • 個々の学生が技術の深堀りを可能とする「技術力」
  • 個人が積極的に活動するための「人間力」
  • 価値創造力と技術力を融合する「デザイン力」

を習得することを目指しています。

4つのサブゴール/Four Subgoals

Learning/QITOで学べる事

QITOコースでは、従来から行っている講義の他に、これまでの教育で不足していた「PBL」、「ICT全人教育/オムニバス講義」、「長期インターンシップ」の3つを柱としたカリキュラムを提供しています。
PBLでは、チームを組んで実社会の問題を取り上げ、それを解決する方法を学生自ら考え、解決に必要な新しい技術の研究/開発、システム開発(提案、設計、構築、運用など)を行っていきます。
また、オムニバス講義では、企業の一流経営陣/技術者/研究者が講義し、ICTを核として、いま世界で何が起こっているか、何が必要かなどを講義します。企業サイドからみた世界の最先端の技術と動向を学ぶことができます。
またこの後、企業講師を交えた懇親会を実施しています。和気藹々とした雰囲気の中で、業界のいろいろなお話しや会社での生活に関する話など、多岐に渡りいろいろな情報を得ることができます。

PBLイメージ

PBL/Project Based Learning

実企業からの問題テーマを、グループで取り組み解決する。1年前期、1年後期、2年前期と3期に渡りスパイラル的に実施することで実践的なスキルを修得する。

詳細はこちら

オムニバス講義イメージ

ICT全人教育/オムニバス講義

企業のトップや技術的キーマンを講師として招聘し、種々の講義を開講。講師との質疑応答を通し、実践的な知識とコミュニケーション力を修得する。

詳細はこちら

長期インターンシップイメージ

長期インターンシップ

約1~2ヶ月の長期インターンシップを実施。20社を越える企業からの約100件前後の受け入れ先から選択することが可能。

詳細はこちら

Message/オフィス長からのメッセージ

ICTのトップリーダーの早期育成が、私たち教職員に課せられた課題です

福田 晃 オフィス長イメージ

オフィス長

Akira Fukuda福田 晃

経歴

1977/3
九州大学工学部情報工学科卒業
1979/3
九州大学大学院工学研究科情報工学専攻修士課程修了
1979/4
日本電信電話公社(現NTT)武蔵野電気通信研究所入所
1983/7
九州大学大学院総合理工学研究科情報システム学専攻助手
1989/6
九州大学大学院総合理工学研究科情報システム学専攻助教授
1991/8
九州大学工学部情報工学科助教授
1993/4
奈良先端科学技術大学院大学情報科学研究科助教授(併任)
1994/4
奈良先端科学技術大学院大学情報科学研究科教授
2001/1
九州大学大学院システム情報科学研究院教授(併任)(2001年3 月まで)
2001/4
九州大学大学院システム情報科学研究院教授
2003/4
米国カルフォルニア大学アーバイン校客員研究員(〜2003年9月末まで)
2008/4
九州大学システムLSI研究センター センター長,教授(兼任)

情報通信技術(ICT)は、単にIT分野だけにとどまらず、金融、運輸、製造、医療・福祉、行政、教育・研究など、あらゆる分野の根幹をなす基盤技術となっています。現在、皆さんもよく体験していると思いますが、ICTは世界的に猛烈な勢いで変化しています。その中で、現在、ICTのトップリーダの育成が大きく叫ばれています。

これまで、大学は、ICTにおいて高度な教育を行っており、優秀な人材を輩出してきましたが、今後の人材育成を考えると新たな教育が必要です。

本コース(社会情報システム工学コース(QITOコース))は、このような想いで設置したコースです。すなわち、ICTトップ人材を育成するコースです。そのためには、学内だけの閉じた教育ではなく、開かれた教育が必要で、他大学、および産業界(日本経済団体連合会)と大規模で密な教育を行っています。学生の皆さん、世界に打ち勝つ日本のICTを先導していきましょう!

受賞歴

  • 情報処理学会研究賞受賞(1990年9月)
  • 情報処理学会Best Author賞受賞(1994年5月)
  • 情報処理学会マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2008)シンポジウム優秀論文賞受賞(2008年9月)
  • 情報処理学会 組込みシステムシンポジウム2009(ESS2009), 実践報告 優秀賞(2009年10月)
  • 情報処理学会 フェロー(2010年3月)
  • 情報処理学会 モバイルコンピューティングとユビキタス通信研究会「組み込み技術とネットワークに関するワークショップ( ETNET2010)」 優秀論文(2010年3月)
  • 情報処理学会マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2010)シンポジウム優秀論文賞×2件 (2010年8月)
  • 情報処理学会・第57回MBL研究会・奨励発表賞 (2011年3月)

その他(現在)

  • 「特定非営利法人(NPO法人)九州組込みソフトウェアコンソーシアム(QUEST)」 理事長
  • 「九州地域組込みシステム協議会(ES-Kyushu)」 副会長
  • 「(財)組込みシステム技術協会(JASA)」理事(H21.5〜)
  • 「(財)組込みシステム技術協会(JASA)」「制御設計研究会」委員長(H22.4〜)
  • 「九州組込みパートナーズ」 代表
  • 福岡県「組込ソフトウェア委員会」 委員長
  • 「福岡システムLSIカレッジ」 副校長
  • 「福岡市組込みソフト開発応援団」顧問(H21〜)
  • 一般社団法人 日本組込み技術教育協会(J-TEA) 理事(2011.4月〜)

本文の終わりです