◆主催:情報処理学会 組込みシステム研究会
お知らせ
■台風接近にともなうお知らせ■
台風26号接近に伴いシンポジウム開始を13時を予定しております。会場には11時から入場できるようにします。チャレンジャーの皆さんは、安全を第一に考え 暴風域を抜けてから出発してください。


■2013年9月3日競技会が終了しました。競技結果は下記の通りです。
◎コンパルソリ部門
1. YSE_Kobuki13 : 横浜システム工学院専門学校
2. でんち : 東京電機大学
3. 芝浦Navi : 芝浦工業大学
◎ベーシック部門
1. ASMD : 九州大学
2. こぶ☆たん : 東海大学
3. SETObuki : 南山大学
◎アドバンス部門
1. Miw-B1 : 徳島大学
参加校:関東学院大学 九州大学 群馬大学 芝浦工業大学 東海大学 東京電機大学 東京都市大学 徳島大学 南山大学 横浜システム工学院専門学校

大会プログラムが決まりました(2013年9月1日)。
採点基準が決まりました(2013年8月7日)。
FAQを作成しました(2013年7月23日)。
競技内容を最新版にしました(2013年7月23日)。
参加申し込みを開始しました(締切:2013年6月13日)。
競技概要が決まりました。
■4月27日(土)28日(日)にスプリングスクールを開催します。こちらをご参照ください。-- ご参加ありがとうございました。

ご案内

ESSロボットチャレンジは、情報処理学会組込みシステム研究会主催組込みシンポジウムの特別企画です。組込みシステムは、機械系・電気電子系・ソフトウェア系と多岐にわたる分野を基盤としているため、分野間のコミュニケーションは容易ではありません。このような様々な分野で研究開発教育に携わっている人々が、一つのテーマに集い、若手技術者・研究者を育成、次世代を担う技術を創造し、新たな分野を切り拓くことが、ESSロボットチャレンジの目的です。
 これまで小型飛行船をテーマとしたコンテストを開催し、のべ数百人を超える学生、技術者、研究者が参加し、組込みシステムについて学び成長し、研究活動に貢献してきました。 2012年度までは、与えられた課題を解決する能力の育成に努めてきましたが、2013年度は大きく前進し、未知の問題を見出し解決できる発展的な問題解決力の育成し、新たな技術の創造を目指します。
 具体的には、新たにスマートモバイルロボット部門を開設します。本部門は、これまでの飛行船の蓄積から組込みシステム開発に必要な要素技術を学べる課題構成、チャレンジャー間の討論や発表を促す仕組みを盛り込みました。本格的なソフトウェア工学に基づいた要求分析から設計、制御工学に基づいた処理動作、さらにスマート時代を迎え、通信・協調・並行性を重視します。 尚、従来の飛行船についても発展課題として継続して競技を行っていきます。

≪競技概要≫
2013年度の競技概要は下記の通りです。尚、競技名は仮称です。
飛行船競技会
飛行船を用いた競技を行います。2013年度は10月のみ開催で、内容は昨年までの障害物自動航行競技に準じる一種類とします
スマートモバイルロボット競技
掃除機ロボットを用いた新たな競技です。夏季およびESS(10月開催)の両方で競技・イベンを行います。さらに4月27日・28日に関連イベントが開催されます。

≪日程≫
関連イベント:スプリングスクール
日程:4月27日(土)・28日(日)
場所:九州大学・東海大学高輪校舎の二拠点で開催します。
夏の大会
・日程:2013年9月2日(月)~3日(水)
・場所:東海大学高輪校舎
 http://www.u-tokai.ac.jp/about/campus/takanawa/
・<関連イベント>PEARLサマースクール:2013年9月4日(木)~5日(金)
 ※PEARLプロジェクトとESSロボットチャレンジは密に連携し、教育を実施します。
 詳しくは以下のURLをご覧ください。
 http://www.qito.kyushu-u.ac.jp/project/PEARL
ESS2013
日程:2013年10月16日(水)~18日(金)
場所:国立オリンピック記念青少年総合センター
◆ESSロボットチャレンジ実行委員会◆